もらう時まで税金が優遇されるイデコ

iDeCo(イデコ)って何?従来型の年金との違いは?

iDeco(イデコ)とは、従来型の年金とは異なり、運用先をある程度自分で決める事のできる個人型確定拠出年金の愛称となっています。その大きな特徴としては、運用益次第で60歳になった時に貰える年金額が変動するといった点が挙げられるでしょう。
従来型の年金は種類や掛け金、加入期間等が同じであれば貰える額に変動はありませんでしたが、イデコは自分が選択した投資先の運用成績によって貰える額が変動する、少々自己責任を強く求められる商品となっています。そのため、大きく利益が期待される反面、運用先によっては掛け金を下回る額の受け取りになるというリスクが存在します。勿論、掛け金より受給額が減ってしまうのがどうしても嫌な場合は、限りなくリスクの低い投資先を選択する事も可能となっています。

iDeCoによる税金の優遇措置

iDeCoは節税にも非常に効果的であると言われています。
まず、iDeCoに支払った掛け金は全額所得控除の対象になりますので、掛ければ掛けただけ、その年の税金が安くなるという仕組みになっています。そして、通常であれば分離課税で20%の税金を取られてしまう運用益に関しても、iDeCoの場合は原則非課税となっています。
その半面、iDeCoで運用しているお金はあまり融通がきかず、60歳になるまでは出金する事ができません。また、60歳になりiDeCoから年金を受け取った場合は所得と見做され、その場合は税金がかかってしまうのですが、受け取り方によって退職所得控除や公的年金等控除を利用する事ができ、そういった形でも税金の優遇措置が用意されています。